たごファミリークリニック Tago Family Clinic 母乳外来

内科・呼吸器科・循環器科・消化器科・アレルギー科・小児科
乳児健康診査・予防接種・区民健診・訪問診療
03-3785-5250 東京都品川区平塚2-15-15 丸二TENビル3F

たごファミリークリニックheader2.jpg




※しばらくの間は月・火にご予約をお受けしています。水・金・土は急性乳腺炎(発熱・しこり・痛み)の方のみ、お受けします。
木曜日はクリニックの休診日ですので、母乳外来もお休みです。

月・火
1回 30~40分
料金 5200円(税込み)
ご予約枠 ①10:00~ ②10:45~ ③11:30~④16:00~⑤16:45~

水・金・土
一般診療の受付時間内にご来院ください。(急性乳腺炎の方のみ対象です)
来院前にお電話にてご連絡をお願いします。ご予約ではありませんので、診療受付順となり、お待ちいただくことがあります。
水・金・土の助産師による排乳マッサージは10分以内となりますが、手技料として3000円+税がかかります。
お薬の処方がある場合は別途1000円~2000円となります。
以上、ご了承の上、来院くださいますようよろしくお願いします。


☎03-3785-5250
ご予約電話 受付時間 午前 9:00~12:10 、午後 15:00~18:00


13:00~15:00はお昼休みのためお電話に出られないことがあります。診療時間内にお電話下さいますよう、よろしくお願いします。

<母乳相談を
初めてご予約される方へ>
当ページにて内容、時間、費用等の詳細をご案内しております。できるだけお読みいただき、ご予約下さいますよう、よろしくお願いします。

初めての方には問診票のご記入をお願いしております。ご予約時間の
5分程度お早めに来院下さいますよう、ご協力をお願いします

母乳育児相談って?
当院では、母乳育児を希望される方が当たり前に楽しい母乳育児ができるよう、助産師がお手伝いしています。

平成17年に相談室を開設して14年が経ちました。来院してくださったお母さん、赤ちゃんたちにこちらのほうが教えてもらうことが多く、日々学ばせていただいております。今まで出会ったお母さん、赤ちゃんたちに助産師として成長させてもらいました。たくさんの出会いに感謝しております。

母乳育児に関すること、子育てに関することでしたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。
皆様に寄り添ったお手伝いをさせていただきます。

助産師 ・IBCLC(国際認定ラクテーションコンサルタント) 田胡 由美
(たご ゆみ)

子ども二人に通算7年6ヶ月の母乳育児をしました。(断乳は大変に思い、自然卒乳になりました)
母乳育児にかかわらず、育児そのものが皆様にとって楽しく素晴らしい経験となるよう、願っています。

IBCLCは、母乳育児を成功させるために必要な、一定水準以上の技術・知識・心構えを持つヘルスケア提供者です。IBCLCは予防的なヘルスケアに焦点を当て、産前・産後を通して自分でできる対処法(セルフ・ケア)を促し、母親が自分で意志決定をするよう励まします。また、病院、診療所、地域、開業などのさまざまな立場で問題解決法を用いてアプローチし、適切な情報提供や提案、適切な場への紹介を行ないます。
 IBCLCの資格は、アメリカに本部を置くラクテーション・コンサルタント資格試験評議委員会(International Board of Lactation Consultant Examiners:IBLCE)が1985年から毎年1回実施している、全世界共通認定試験に合格することによって得られます。

相談内容
1回 30-40分程度  5200円
※母乳の相談・母乳マッサージは自費になります。乳腺炎等の内服治療が必要な場合、処方に関しては保険適応となります。この場合、5200円+1000円(院外処方の場合)~2000円(院内処方の場合)程度となります。
※お支払は現金のみになります。クレジットカードはご利用できません。

<よくある相談の内容>
・母乳不足・混合からの人工乳の減らし方の相談
・母乳育児に関連しての赤ちゃんの体重増加のチェック
・乳腺炎 (当院は内科併設のため、保険診療によるお薬の処方が可能です。)
・乳頭痛・乳管閉塞・白斑への対処
・母乳分泌過多への対処、相談
・授乳後乳頭痛、乳房痛(針で刺されているようなチクチク感)
・授乳の仕方の指導
・卒乳、断乳の進め方
・卒乳、断乳後のケア

母乳育児以外の育児に関すること・お母さん自身の心身のご相談もお受けしています。
助産師に聞いてみたいことでしたら、どんなことでもご相談ください。

<持ち物>
① 母子手帳
② お母様の保険証
③ 薄手のフェイスタオル4本(80㎝×30㎝程の大きさ。温泉でいただく薄手のタオルが最適です。1本 ¥120円で販売もしています。)
④お子様も一緒に来院される場合はお子様の保険証・乳児医療証(乳頭痛など、原因によりお子様に塗り薬が処方されることがあります。)

※お子様も一緒に入室できます。おもちゃ、絵本もご用意していますし、お母様の隣で横になることもできますので
断乳中でも大丈夫です。
断乳1回目でもおっぱいを欲しがって泣くお子様は今まで一人もおりませんが、眠い、飽きるなどでぐずることはあります。お子様がぐずり泣きされてもマッサージはできます。
お母様のご希望で途中、抱っこ、寝かしつけでマッサージを中断されても時間を延長することはできません。お子様のぐずりが気になる方はお子様を預けていらして下さい。
予約
予約制ですので来院前にお電話でご予約をお願いします。

☎03-3785-5250

しばらくの間は月・火にご予約をお受けしています。
水・金・土は急性乳腺炎
(急な発熱、しこり、痛み)の方のみ、お受けします。

月・火
ご予約枠 ①10:00~ ②10:45~ ③11:30~④16:00~⑤16:45~


*水・金・土は一般診療の受付時間内にご来院ください。
来院前にお電話にてご連絡をお願いします。ご予約ではありませんので、診療受付順となり、お待たせすることがあります。
助産師による排乳マッサージは10分以内となりますが、手技料として3000円+税かかります。
お薬の処方がある場合は別途1000円~2000円かかります。
以上、ご了承の上、来院くださいますようよろしくお願いします。

訪問相談
訪問相談も行っております。
訪問日が1~2週間先になってしまうことが多く、ご希望の日や時間にはお伺いできないことがありますのでご了承下さい。
(1回11000円  プラス往復交通費実費)


品川区にお住まいの方へ(品川区民限定)
2018年6月1日(金)より、訪問型産後ケアが始まりました。
助産師がご自宅へ訪問し、乳房マッサージや授乳・育児に関するアドバイスが
1000円で受けられます。
利用条件は産後5ヶ月までの方です。(6ヶ月以降は不可)
利用回数は一人1回です。
詳しくは
東京保健医療大学 ☎03-5421-2081 (月~土 9:30~16:30)へお問い合わせください。
電話母乳・授乳・育児相談(無料)も同時に開始します。
こちらは月齢制限はありませんので、6ヶ月以降の方も可能です。断乳・卒乳相談もできます。電話相談したい方はご利用ください。
詳しくは 東京保健医療大学 ☎03-5421-2083(月~土 9:30~16:30)
※訪問型乳房ケア、電話相談は品川区の事業です。当院助産師は参加しておりません。

Q: マッサージを受けると母乳が良くでるようになるの?

乳房のマッサージをすると、血行が良くなる上、オキシトシンというリラックス効果のあるホルモンが分泌されます。結果として母乳の分泌は良くなります。また、不安や疑問にもお答えできますので、安心が得られ、母乳育児に自信が持てるようになります。母乳を出すオキシトシンホルモンは、精神的な影響を受けると言われています。
でも、マッサージによる効果は一時的なもの。母乳量の分泌を増やすには毎日の一回一回の直接授乳に一番効果があります。母乳をたくさん出すには赤ちゃんに有効に吸ってもらうのが一番です。

Q: 相談、ケアは定期的に受けた方がいいの?

とくに心配事やトラブルがなければ、定期的に受ける必要はありません。当院の母乳外来は、必ず次回予約をお取りすることはしていません。
初診の方が6割、再診の方が4割程度となっています。

乳腺炎やしこりのトラブルを起こしたことのある方は、定期的に通院してマッサージを受ければ予防できるのではと期待されることもありますが、
マッサージで100%の乳腺炎やしこりを予防することはできません。何よりも、日々の授乳が大切です。
最近では乳汁分泌過多による乳腺炎やしこりのご相談が多くなっています。トラブルを予防する授乳のしかたのアドバイスや、場合によっては医師の判断により、処方薬を使用することもあります。
繰り返す乳腺炎や、しこりで憂鬱なお気持ちで母乳育児されている方は断乳を検討する前にぜひご相談下さい。
乳腺炎では程度により、数回のケアが必要な場合もあります。また、母乳がちゃんと出ているのか不安があるうちは、お受けになると自信を持って授乳が続けられると思います。

Q: 人工乳や混合栄養から、母乳だけにできるの?

赤ちゃんの月齢や、人工乳を与えている量と回数により、母乳復帰のゴールが違います。人工乳を減量して母乳の割合を増やしていくことを母乳復帰(リラクテーション)と言います。
完全母乳でなくても少しでも多くの母乳を我が子にあげたい、というお気持ちは母親としてとても素晴らしいものです。
母乳育児について、お母さんが納得できる方法を一緒に考え、お手伝い致します。

Q: 母乳はいつ頃やめたらいいの?

長期に授乳するメリットもわかってきた現在は、何歳になったら断乳しなければいけないという制限はありません。ユニセフ/WHOも適切な補完食を与えながら2歳までは母乳育児を続けることを勧奨しています。母子とも授乳を楽しんでいるのであれば、断乳は必要ありません。むしろ、長期にわたって授乳を続けると、母乳育児のメリットをさらに受けることができ、母子ともにたくさんの恩恵があります。子どもが自然におっぱいから離れていく時期を待つ卒乳を自然卒乳と言います。待てるのなら、お子様が自分から卒乳を決めるまで待ってあげてみてはいかがでしょうか。

Q断乳後は助産師のマッサージを受けた方がいいの?
自然卒乳が親子共にとって楽ではありますが、様々な理由で断乳を選択される方もいらっしゃいます。
断乳は急な授乳中止のため、おっぱいが溜まり、痛みで触るのも辛くなることもあります。また、まれに急激な乳管内圧上昇により乳腺炎になってしまうこともあります。このような場合は排乳ケアマッサージをさせて頂いております。
時々、断乳後は助産師のマッサージを受けないと乳がんになりやすくなる、次の子の授乳開始がスムーズにいかなくなると聞いてマッサージを希望される方がいらっしゃいますが、全く医学的な根拠はありません。断乳後に助産師のマッサージを受けになければならない、ということはありません。ご自分で搾乳し、排乳でき、しこりや痛みが残らなければ大丈夫です。
搾乳、排乳のタイミングは月齢や授乳回数で違いますので一概には言えないのですが、基本は断乳開始後2~3日後が1回目の搾乳、排乳の目安です。
ご心配な方は母乳外来をご予約ください。
一回目の排乳は時間がかかり、痛みを伴うことが多いので、来院されることが多くなっています。
また、断乳をするか迷っている、断乳の進め方を相談したい、という方は、断乳相談も行っておりますので、ご相談下さい。

*例年、年度末、連休、年末年始に断乳される方が多く、ご予約が取りにくくなっております。
断乳後マッサージは救急外来で診てもらうことはできません。ご自分での搾乳やケアに自信がない場合は、ご予約をお早めに確保しておくか、連休は避けての断乳をお勧めします。すでに断乳を始めていて痛みが酷い場合は、断乳を中断することも検討しましょう。

Q乳腺炎になった場合は、どうすればいいの?
乳腺炎は発症が急で、痛みも強くとてもつらいものです。でも、赤ちゃんに授乳ができていれば、重症化を防ぐ事ができます。病院や助産師にすぐにみてもらえなかったり、救急外来ではマッサージできる助産師がいないから、と診察を断られることもあるようですが、ママと赤ちゃんで対処できることを、あせらずにやってみましょう。

①とにかく、頻繁に授乳をします。しこり、痛みのある部分を外側から可能な範囲、圧迫しながら授乳してみましょう。
②患部を軽く冷やします。民間療法ですが、キャベツの葉をよく洗い、乳房全体に当ててみて下さい。
③消化の良い食事を取り、安静にします。
④高熱、強い痛みのある場合は市販の鎮痛解熱剤を服用して下さい。

感染性の乳腺炎は適切な抗生物質による治療が必要です。治療が遅れると膿瘍(授乳やマッサージでは母乳が出せない状態)となることもあります。適切授乳をして24時間経過後も改善がない場合は、抗生剤による治療を受けましょう。。当院では内科も併設してますので、医師の処方による治療ができます。

<感染性の乳腺炎の症状>
・38度以上の発熱
・頭痛
・関節痛
・乳腺炎を起こした乳腺の発赤(皮膚表面が赤くなる)、硬いしこり
・黄色や緑黄色の膿のような粘稠性の母乳の分泌
以上の症状が見られ、24時間経過後も改善がない場合はマッサージだけではなく、抗生物質による治療を受けるようにしましょう。